写真

競争が激しい現代のビジネス界では、立ち止まることは後退に等しい。惰力で進む余裕はもはや誰にもない。会社や、自分の働く分野、キャリア全般で前進できない人は、人員削減の対象となるかもしれない。しかし、全てのキャリアのロードマップが平等に作られているわけではない。古いカーナビが沼地に突っ込むルートを示すのと同じで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング