写真

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

■ソフトバンクが石川の好投で西武に快勝ソフトバンクは26日、西武に4-1で快勝。石川柊太が西武打線を8回1失点に抑え、打っては松田宣浩のひと振りで接戦にケリをつけた。これが鷹の“隠れエース”の実力だ。5試合連続9得点以上を記録していた強力打線を相手に、8回まで犠飛による1点だけに抑え込んだ。工藤公康監督も「見事なピッチングでした」と手放しで石川の好投を称えた。初回から積極的にインコースを突く姿勢に指揮官も「攻めるところをしっかり攻めて隙のないピッチングをしてくれました。逃げない姿勢が出ていましたね」と大満足だ。9回、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング