北福岡は九州国際大付も 有力校が次々…12日は全国で1、2回戦での波乱相次ぐ

Full-Count / 2018年7月12日 21時33分

■九州国際大付は9回に4点差逆転され敗退、名門・東洋大姫路は完敗第100回全国高等学校野球選手権の地方大会は12日も各地で行われ、選抜出場校が姿を消すなどトーナメント序盤で波乱が相次いだ。北福岡大会2回戦では、春の九州王者・九州国際大付が若松に大逆転負けを喫した。3回に4点を先制しながら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング