【MLB】ヤ軍セベリーノの球種はやはりバレていた!? 米メディア徹底分析で“欠点”指摘

Full-Count / 2018年10月15日 22時9分

■シーズン後半戦から球種が読まれていた可能性、その“原因”となった仕草とは…ヤンキースのルイス・セベリーノ投手は今季、エースとしての立場を確立した。圧倒的な投球でサイ・ヤング賞への期待も高まっていた前半戦に比べ、後半戦は不安定な投球が目立つようになったものの、レギュラーシーズンは32試合登板で19勝8敗、防御率3.39という好成績をマーク。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング