「僕は阿波野を…」西崎幸広氏が語るライバル像、目指したピッチングとは

Full-Count / 2019年1月21日 10時44分

■1987年にデビュー、近鉄ドラ1阿波野と熾烈な新人王争い1987年。パ・リーグでは史上に残る新人王争いが繰り広げられた。その主人公となったのが、日本ハムの右腕・西崎幸広、そして近鉄バファローズの左腕・阿波野秀幸。大卒同期のドラフト1位入団だった2人は、それぞれのチームで開幕1軍を勝ち取り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング