広島ドラ1小園、初の対外試合は“ホロ苦” 2三振含む3タコ「力不足を感じた」

Full-Count / 2019年2月18日 20時52分

■韓国・起亜との練習試合に出場、守備では軽快な動きも…広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手が18日、プロで初めての対外試合となった韓国・起亜タイガースとの練習試合で、3回に田中広輔の代打として打席に立った。だが、結果は3球三振。次の打席でも空振り三振に倒れると、最後の打席では初球を引っ掛けてしまい一ゴロ。ホロ苦い実戦デビューとなったが「自分の力不足を感じました。(今日対戦した)左投手は(昨秋の)U18アジア大会以来の対戦でした。切り替えていくだけです」と悔しさをにじませた。守備では軽快な動きを見せていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング