写真

楽天・岸孝之(左)、則本昂大【写真:荒川祐史】

■チーム全体で奪三振数が多いのは阪神、DeNA、楽天セイバーメトリクスにおいて、DIPS(DefenseIndependentPitchingStatistics)という守備の影響を抜きにして投手の成績を評価しようとする概念があります。そこで用いられる指標の1つが「奪三振」です。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング