田中将大、乱調の要因は宝刀スプリット? 地元紙が指摘「秘訣が消えてなくなった」

Full-Count / 2019年4月15日 21時33分

■3回無失点、6奪三振の立ち上がりには「非常に素晴らしい滑り出しだった」ヤンキースの田中将大投手は14日(日本時間15日)、本拠地ホワイトソックス戦に先発し、4回0/3、7安打5失点で今季初黒星を喫した。地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「マサヒロ・タナカの投球の秘訣が消えてなくなった」との見出しでこの日の投球内容を伝え、田中の生命線であるスプリットの調子が良くなかったと指摘している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング