【MLB】大谷翔平、2度の走塁死を米メディアは敗因と指摘 「アウトは致命的だった」

Full-Count / 2019年5月15日 16時32分

■今季初の猛打賞をマークしたが、2度の走塁死を米メディアが敗因に挙げる■ツインズ4-3エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で出場し今季初の猛打賞となる4打数3安打1打点の活躍を見せた。快音を響かせた一方で2度の走塁死でチャンスを潰し米メディアは「致命的だった」と僅差のゲームを落とした敗因に大谷の走塁を挙げた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング