【MLB】大谷翔平、150キロ直撃で右手骨折はなしも…急がれる“死球回避術”の復活

Full-Count / 2019年5月21日 18時30分

■日本ハム5年間1170打席で4死球、昨季は367打席で2死球だった■ツインズ3-1エンゼルス(日本時間21日・アナハイム)エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地ツインズ戦の8回、右手薬指に投球が直撃。苦悶の表情を浮かべてベンチへ下がった。今季初の1試合3三振で2戦連続無安打。打率.250となった。試合後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング