ドラフト直前、ビッグ3に次ぐ“ドラ1候補”は? 一本釣り、外れ1位に挙がる逸材たち

Full-Count / 2019年10月16日 16時22分

■東邦の石川は打者では高校、大学、社会人を含めNo1の評価を受けるいよいよ17日に2019年プロ野球ドラフト会議が行われる。今年は大船渡・佐々木朗希、星稜・奥川恭伸、明大・森下暢仁の“ビッグ3”に人気が集まっている。競合となりクジを外した場合は“外れ1位”を指名することになる。ここではビッグ3を省いた“ドラ1級”の評価を集める逸材を紹介していく。○投手創志学園西純矢右投右打横浜及川雅貴左投左打興南宮城大弥左投左打JFE西日本河野竜生左投左打東海理化立野和明右投右打東芝宮川哲右投右打○野手東邦石川昂弥内野手右投右打桐蔭学園森敬斗内野手右投左打東海大海野隆司捕手右投右打東洋大佐藤都志也捕手右投左打…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング