【MLB】4年61億円の菊池雄星、メジャー1年目を米メディア酷評「もっと期待していたはず」

Full-Count / 2019年12月8日 13時4分

■単年14億円超の選手オプション、4年約72億円の球団オプションともに「遠く離れている」今季、西武からポスティングシステムを利用してマリナーズに移籍した菊池雄星投手。メジャー1年目は1年間メジャーのローテーションで投げ続けて32試合に先発したが、6勝11敗、防御率5.46に終わり苦戦の1年となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング