MLB、本塁打急増理由は「飛ぶボール」にあらず? 専門家「縫い目の高さと打撃技術」

Full-Count / 2019年12月13日 7時45分

■MLBに依頼された専門家による委員会がレポートを提出MLBでは今季、レギュラーシーズンで史上最多の6776本塁打が飛び出した。米スポーツ専門チャンネル「ESPN」は、理由を「縫い目の高さと打撃テクニックである」と指摘。「飛ぶボールは存在しない」としている。記事は、MLBが11日(日本時間12日)に発表したレポートを紹介。「ボールによって縫い目の高さが異なることが引き金となり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング