【MLB】わずか3日で約890億円“荒稼ぎ” 米誌選定、WMの“勝者”に敏腕代理人ボラス氏

Full-Count / 2019年12月16日 7時40分

■ボラス氏はコール、ストラスバーグ、レンドンの代理人を務めるアストロズからFAとなったゲリット・コール投手が、史上最高額となる9年総額3億2400万ドル(約354億円)でヤンキースと契約に合意し、話題となった今冬のウインターミーティング。この他にも大型契約が相次ぎ、活況となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング