【MLB】大谷翔平が「最大の望み」 大物獲得逃したエ軍投手陣に地元紙切望「エースとして…」

Full-Count / 2020年1月19日 7時30分

■耐久性が売りのバンディとテヘランを補強も、コールのようなエース級は逃した大谷翔平投手がトミー・ジョン手術の影響から野手に専念した昨季、エンゼルスの先発投手陣は全30球団中29位の防御率5.64に終わった。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は、今季のエンゼルスの先発投手陣の展望を特集している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング