巨人新助っ人パーラの止まらぬ古巣愛 時差14時間でも電話待ち「一緒に幸せを…」

Full-Count / 2020年1月22日 20時34分

■米メディアには日本で活躍し「もう1度、メジャーリーグでプレーをしたい」と語る昨年、初のワールドシリーズ制覇を成し遂げたナショナルズ。序盤の不調っぷりから奇跡的なV字回復を果たした要因の1つと言われているのが、巨人の新助っ人・ジェラルド・パーラ外野手とその登場曲“ベイビー・シャーク”だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング