「悪循環に陥っている」 OB捕手が指摘する12戦10敗、泥沼の阪神に必要なものとは?

Full-Count / 2020年7月3日 11時37分

■野口寿浩氏が指摘、初回の3ラン「サインが決まらない…」阪神は2日、敵地・ナゴヤドームでの中日戦に2-4で敗れ、4連敗を喫した。先発のオネルキ・ガルシア投手が初回に先制を許したかと思えば、打線もチャンスを作っても生かせない悪循環。ただ、前夜1日からスタメン3人を入れ替える「荒療治」を施し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング