【MLB】田中将大、37メートル投球で順調回復 指揮官「望み通りの反応」

Full-Count / 2020年7月12日 10時12分

■田中は5日の練習中に頭部に打球を受けたヤンキースで4日(日本時間5日)の練習中に頭部に打球を受け、「軽度の脳震とう」と診断された田中将大投手は11日(同12日)、本拠地で軽めのキャッチボールを行った。徐々に距離を伸ばし、約120フィート(約36.5メートル)程度まで投げたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング