「寿司屋は“ルール”に煩いレストランです」と語るのは、海外メディアで食べ物に関する記事を執筆するフードエディターのケイトさん。確かに、寿司屋では醤油のことを「紫」と言ったり、お茶を「あがり」と言ってみたり、昔から独特なルールが通用していますよね。正統派の寿司屋(外国人の経営する“なんちゃって寿司屋”ではなく)を知るケイトさんが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング