2018年2月28日の読売新聞朝刊に掲載された「先生の相談室」。東京都の公立小学校副校長からの質問で、「居残って子どものノートにコメントを書く若手がいる一方、先輩が仕事をしているのに午後5時には帰宅し、家でも教材研究をしない教師もいます」として、「働き方改革で残ってやってほしいというのも難しい」と若い教師のやる気を出すにはどうしたらいいか、という内容で、回答者は本業以外の仕事をしていた教員がいたことで教頭だった自分も処分されたという話を出しつつ、「ブラックといわれようが、手抜きは許されません」としてためらわずに指導することを勧めています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング