今回はwien2006さんのブログ『ウィーン発『コンフィデンシャル』』からご寄稿いただきました。 国連が中国に乗っ取られる……(ウィーン発『コンフィデンシャル』) ウィーン市の名所といえば、オーストリアのローマ・カトリック教会の精神的支柱・シュテファン大聖堂やハプスブルク王朝のシェ―ンブルン宮殿などが直ぐに頭に浮かぶが、ウィーンはニューヨーク本部、ジュネーブの欧州本部に次いで国連事務所が開設された第3の国連都市(その後、ナイロビ事務所が第4の都市となった)だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング