2000年にブリュッセルで設立された独立系オンラインメディア『EUobserver』が、「COVID-19後の中国における技術国家主義産業政策」という記事で、AIや5G、量子コンピューティングなどの技術を中国がリードすることに対する脅威について、「EUが技術主権を確保するためには米国、カナダ、日本、韓国とともに、多国籍技術政策のための新しい調整機関の創設を先導する必要がある」と論じていますが、トップ画像が日本の伏見稲荷大社の千本鳥居となっています。 China’spost-Covid19‘techno-nationalist’industrialpolicy(EUobserver) https… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング