写真

DF冨安健洋のA代表初ゴールが決勝点となった

[1.21アジア杯決勝T1回戦日本1-0サウジアラビアシャルジャ] 日本代表DF冨安健洋のA代表初ゴールが値千金の決勝点となった。前半20分、左CKをMF柴崎岳が蹴り込むと、相手DFに競り勝った冨安が高い打点のヘディングシュートを押し込んだ。 20歳77日でのゴールはA代表におけるアジア杯最年少得点。9日のトルクメニスタン戦でMF堂安律が記録した20歳207日弾を更新した。試合後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング