コンビニ食で健康を保つ知恵 栄養の三大要素の表示で選択

日刊ゲンダイ ヘルスケア / 2020年7月5日 9時26分

6月5日総務省発表の「家計調査」によると、4月の実質消費支出に特異な変化が見られた。外食に関わる思われる食事代、飲酒代が減り、食品であるパスタ(70・5%)、即席めん(43・3%))、冷凍調理食品類(19%)が前年同月比で大幅に増えたという。自宅待機や外出自粛で、自宅で調理する家族が加速したためだ。 コンビニ弁当も、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング