日馬富士の鬼気迫る相撲で病院送りも 稀勢の里は強行出場

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年3月25日 12時36分

まさかの事件だ。幕内でひとり全勝街道を走ってきた稀勢の里(30)が春場所13日目の24日、横綱・日馬富士(32)に寄り倒されて初黒星。先代師匠の故鳴戸親方(元横綱・隆の里)以来となる新横綱の全勝優勝がパーになったばかりか、左肩付近を負傷して救急車で病院送りになったのだから好事魔多しか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング