負の連鎖か…タカタが引き金で「大倒産時代」到来の恐れ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年6月27日 15時0分

1年9カ月ぶりに上場企業が倒産した。 26日、欠陥エアバッグ問題で経営難が続いていたタカタは民事再生法を申請。東京商工リサーチによると負債総額は、自動車メーカーの肩代わり分を含めると1兆7000億円にのぼる。製造業では過去最悪だ。 「タカタは景気悪化による倒産ではなく、コンプライアンスの問題なので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング