夏の甲子園 HR量産の裏に清宮幸太郎と“飛ぶボール疑惑”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年8月19日 9時26分

カラスが鳴かない日はあっても、甲子園で本塁打が出ない日はない。そんなあんばいになってきた。 夏の甲子園高校野球は17日、大会9日目が終了。計33試合を消化した時点で、43本もの本塁打が飛び出している。このままのペースだと、決勝戦までに62本もの本塁打が出る計算。昨夏の37本を大きく上回るどころか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング