右手首故障で長期休養の錦織 険しいトップ10への返り咲き

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年8月19日 9時26分

ベスト10に戻ってこられる保証はない。 男子テニスで世界ランク9位の錦織圭(27)は16日、右手首の腱の断裂で今季の残り試合をすべて欠場すると発表した。これにより、年末の世界ランクは20位台まで落ちることになりそうだ。 長期休養といえば、昨年のR・フェデラー(36)もそうだった。2月に左膝の手術を行い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング