東京、静岡、愛知…小池新党の“集中攻撃”に自民激減危機

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年9月23日 9時26分

太平洋ベルトが“百合子グリーン”に染まるのか。来週28日の衆院冒頭解散に向け、その動向が注目される小池百合子都知事。周辺は東京・静岡・愛知を新党の中核エリアに据え、候補者を次々と擁立し、小池知事をはじめ、各地の首長が選挙を全面支援する構想を描いている。 この構想に向け、最初にアクションを起こしたのは河村たかし名古屋市長だ。20日に市長後継者が決まれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング