写真

フルマラソン2回目の設楽は「これが今の実力」(C)AP

ゴールした直後でもケロッとして笑顔を見せていた。 24日に行われたベルリンマラソンは、リオ五輪金メダルのエリウド・キプチョゲ(32=ケニア)が2時間3分32秒で優勝。目標にしていた2時間2分57秒の世界記録には届かなかったが、マラソンの連勝記録を7に伸ばし、ここまで走った公認マラソン全9戦で8勝と圧倒的な強さを見せた。 ちなみに16日のハーフマラソンで1時間0分17秒の日本新記録を出した設楽悠太(25)は2時間9分3秒で6位だった。 レース前は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング