写真

黄金時代を知る男だけに(C)日刊ゲンダイ

「納得できない打撃が2、3年続いた。ここが限界、悔いはない」 中日の森野将彦(39)が24日の広島戦で21年間の現役生活を終え、バットを置いた。来季は打撃コーチに就任、将来の幹部候補である。 東海大相模から1996年ドラフト2位で入団。二軍時代は仁村薫、徹兄弟に基礎から叩きこまれ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング