写真

稲葉監督はハラハラドキドキ(C)日刊ゲンダイ

侍ジャパンの稲葉監督が12日、自身の初陣となる「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」のメンバー25人を発表した。 最多選出となった西武からは山川穂高(25)、外崎修汰(24)、源田壮亮(24)、多和田真三郎(24)、平井克典(25)の5人。ルーキーの平井を除く4人が主力だ。セ・リーグで最も多く選ばれたのがDeNAの3人。今永昇太(24)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング