若狭氏は比例復活も厳しく…希望結党メンバー“壊滅危機”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年10月19日 16時39分

もはや「絶望」を越えて「死亡」の党と成り果てている。選挙終盤を迎えても希望の党は失速が止まらない。予想獲得議席は公示前の57を下回り、40台後半がやっと。小池代表が「排除」した民進出身者による立憲民主党に野党第1党の座を奪われかねない。 わずか3週間前、先月27日の結党会見に出席した「チャーターメンバー」(発足メンバー)も死屍累々だ。参院議員の中山恭子氏と松沢成文氏、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング