清宮日ハム入りの余波 早実後輩の“逸材”野村は早大進学も

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月9日 9時26分

名門・早実には、日本ハムに指名された清宮幸太郎(3年)に勝るとも劣らない逸材がいる。現主将の野村大樹捕手(2年)である。 秋季東京大会は3回戦で敗退。2年連続の出場を目指した来春のセンバツは絶望的となったが、1年生から4番を務め、高校通算111発の3番・清宮とともに強力打線の中軸を担った。今年7月の時点で通算40本塁打。これは同時期の清宮に迫るハイペースで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング