負けなし20連勝 強すぎる小平に囁かれる“江陵の風”の陰謀説

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月20日 12時0分

昨季の世界女王に死角はなさそうだ。 18日(日本時間19日)に閉幕したスピードスケートのW杯第2戦(ノルウェー・スタバンゲル)の女子500メートルで小平奈緒(31)が37秒07で優勝。W杯15勝目をマークし、同種目では昨季から国内外通じて20連勝を達成した。今大会は2日間とも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング