写真

実戦想定した打撃練習で覚醒(C)日刊ゲンダイ

連夜のヒーローとなった。19日、アジアプロ野球チャンピオンシップ決勝(韓国戦)で、西武の外崎修汰(24)が3打数2安打、2打点で勝利に貢献。前日の台湾戦も5打数3安打、2打点、1本塁打と活躍し、今大会のMVPを獲得した。 「両親は今(リンゴの収穫で)忙しい時期だけど、仕事の合間に応援してくれていると思います」 試合後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング