ついに横田早紀江さんも “圧力一辺倒”の安倍外交に異論

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年11月23日 9時26分

もう、ガマンの限界なのだろう。横田めぐみさんの母・早紀江さん(81)が、安倍首相の“北朝鮮外交”に異を唱え、波紋を呼んでいる。“圧力”一辺倒の安倍首相に対し、「金正恩とケンカじゃなく話し合いをして欲しい」と注文をつけたのだ。ほかの被害者家族も、21日、「安倍首相に訪朝して欲しい」と声を上げている。さすがに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング