リニアも標的に 特捜部「アベ友」案件"狙い撃ち”の真意

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年12月12日 9時26分

“鬼の特捜”が復活したのか。東京地検特捜部の動きが活発だ。スパコン詐欺事件で華麗なる政界人脈を誇るベンチャー社長を逮捕。「この事件を端緒に政治家を巻き込んだ汚職事件に発展するのではないか」との見方もある中、今度はリニア工事の不正入札容疑で、スーパーゼネコン大林組に強制捜査のメスを入れた。どちらの事件にも“アベ友”の顔がちらつく。果たして特捜部の狙いとは――。 ■スパコンに続き「財界応援団」肝いりのリニア 入札妨害の舞台となったリニア中央新幹線工事は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング