裁量労働制を拡大 安倍政権がもくろむ“過労死法案”の中身

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年1月18日 9時26分

22日召集の通常国会を「働き方改革国会」と位置付け、関連法案の成立に全力を挙げる考えを示した安倍首相。だが、法案の中身といえば、昨秋の衆院解散で一度も審議されずに廃案となった「残業代ゼロ法案」や、年収1075万円以上の「高度専門職」の労働時間、割増賃金の規制を撤廃する「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の導入など、雇用破壊を促進させるものばかり。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング