愛人に応募指示 桂文枝「喜楽館」命名疑惑に逃げの一手

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年1月24日 15時0分

「さすがに今回はアウトだろう」との声が関係者からも上がっているのが桂文枝(74)。 昨年報じられ、騒動になった56歳の日舞師範の女性との不倫疑惑は何となくウヤムヤになっていたが、今回新たに新疑惑が浮上。兵庫県と神戸市から計1億円の助成金を受け、神戸・新開地に今夏開場予定の演芸場の名称をめぐる一般公募。これに上方落語協会会長として選考に携わった際、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング