「日本の恥」と罵られ 内藤大助に火を付けた34秒最短KOの屈辱

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年2月13日 9時26分

WBC世界フライ級王座を5度防衛し、7年前に引退後は解説者、タレントやボクシング解説者として活躍中の内藤大助さん(43)。15年間にわたる現役生活の中で闘争心に大きく火をつけたのはタイで行った世界タイトル初挑戦だった。 ◇◇◇ 敵地タイでWBC世界フライ級王者、ポンサックレック・シンワンチャーに挑戦したのは2002年4月19日でした。これはその時の試合前、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング