「中距離女王」が涙の銀…高木美帆が頂点を逃した要因

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年2月13日 12時35分

スピードスケートの高木美帆(23)が、12日の女子1500メートルで1分54秒55をマークして銀メダルを獲得。この種目の日本勢では、92年アルベールビル大会銅の橋本聖子以来26年ぶりのメダルで、女子史上最高位だ。 世界記録保持者(1分50秒85)のヘザー・ベルフスマ(28)と最終14組で滑走した高木は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング