不気味な売買動向…五輪株高の裏に潜む3つの“暴落サイン”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年2月23日 9時26分

今月6日に日経平均が一時1603円(7%)も急落してから2週間余り。ここへきて、兜町はようやく落ち着きを取り戻しつつある。 「平昌五輪のメダルラッシュもあって、市場は明るいムードに変わってきました。五輪関連銘柄も値上がりしています」(株式評論家の倉多慎之助氏) 21日、フィギュア羽生結弦が所属するANAは前日比31円高、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング