スケート勢は300日合宿 日本マラソン界に足りない覚悟と本気

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年2月23日 9時26分

皆で流した汗は報われた。 スピードスケート女子パシュート決勝に進出した高木美帆(23)、高木菜那(25)、佐藤綾乃(21)の日本が五輪記録でオランダを破り、念願の金メダルを獲得した。同種目では2010年バンクーバー五輪銀メダル以来、2大会ぶりのメダルとなった。高木美は1500メートルの銀、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング