ゆりやんにドン引き? リュック・ベッソン途中退場の顛末

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年3月14日 15時0分

13日、都内で巨匠リュック・ベッソン監督(58)の最新SF映画「ヴァレリアン千の惑星の救世主」(30日公開)のジャパンプレミアが開催。ステージにはベッソン監督とともに、吹き替えを担当した女ピン芸人・ゆりやんレトリィバァ(27)、ロックバンド「THEALFEE」の3人が登壇した。 セクシー衣装を着たゆりやんは監督に向かって「アイ・アム・セックス・シンボル」とアピールするなど絶好調。しかし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング