英国で物議「十字架のストームトルーパー」は“降格処分”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年3月14日 17時0分

ロンドンの聖スティーブン・ウォルブルック教会で今月15日から、十字架をテーマにした展覧会が始まるが、開催前にあるアート作品が物議を醸した。「RYCA(ライカ)」の名前で知られるロンドン出身のアーティスト、ライアン・カラナン氏が制作した「十字架にかけられたストームトルーパー」だ。 その名の通り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング