DHで大不振…大谷翔平と主砲プホルスの関係悪化を危ぶむ声

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年3月20日 12時0分

「誰もそれについて話してくれない。全体的なプランが分かっていない」 メジャーを代表する強打者、エンゼルスのプホルス(38)が、米全国紙の「USAトゥデー」にこう語ったのは、3月上旬のことだった。 大谷翔平(23)がメジャーでも投手と指名打者の二刀流を継続するためには、指名打者であるプホルスがかつての本職である一塁に回る必要がある。だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング