市長選で自公が黒星ラッシュ 地方から“安倍降ろし”が爆発

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年4月17日 15時10分

安倍政権に激震が走っている――。15日、各地で行われた市長選の結果のことだ。 滋賀・近江八幡市や兵庫・西宮市など5市で自公などの推薦候補が敗れた。得票も昨年の衆院選から大幅に減らすケースが目立つ。地方の隅々に、“安倍政権NO”がじわじわ広がっているようだ。 近江八幡市長選では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング