過去最悪の64社に…上場企業の「不適切会計」激増の要因

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年4月22日 9時26分

「不正会計」の開示件数が過去最悪を更新した。東京商工リサーチは20日、上場企業を対象とした「不適切な会計・経理の開示企業」を公表。2017年度(17年4月~18年3月)の開示社数は64社で、昨年の42社から急増した。過去10年間では2.37倍だ。 「15年に発覚した東芝の不適切会計問題をきっかけに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング