インド人プロが初V アジアで取り残されるジリ貧日本ツアー

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年4月23日 12時0分

【パナソニックOP】 勝ったラヒル・ガンジー(39=インド)は世界ランク1037位の無名選手。今年になって4戦目での勝利だった。 2018年は、日本ツアーとアジアンツアーとの共催大会である「SMBCシンガポールオープン」「レオパレス21ミャンマーオープン」はともに棄権。マレーシアで開催された「メイバンク選手権」は133位タイで予選落ちし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング